GoToトラベル大阪市、札幌市の運用見直しについて発表 開始時期や既存予約は?

2746601_s.jpg

Go Toトラベルの恩恵もあり、ようやく観光地に人が戻りつつある状況ですが、政府はGo Toキャンペーンの見直しに踏み切るようです。

菅首相は11月21日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を首相官邸で開き、感染者の急増を受け、需要喚起策「Go Toキャンペーン」の運用を見直す考えを表明しました。
観光支援事業「GoToトラベル」では、感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するということです。
対象地域は、都道府県知事の判断をもとに選定する方針ということですが、具体的な地域の発表はありませんでしたが、11月24日の会見で、札幌市と大阪市を目的地とする旅行を、24日から来月15日までの3週間、割り引きの対象から外すことを決めました。
予約のキャンセル料は、利用者に負担が出ないように原則として国が補償するとしています。


本記事では、Go Toトラベルの運用見直しについて深掘りしていきます。


詳しくはこちら

www.soratobuiruka.com

この記事へのコメント