ふるなび 返礼品とは別に最大8%のAmazonギフト券がもらえる!ふるさと納税サイト

魅力的な返礼品や自治体をダイレクトに応援できることから利用者が増えているふるさと納税制度。ふるさと納税サイトはいろいろなサイトがありますが、ふるなびでは自治体から貰える返礼品とは別にAmazonギフト券がもらえるキャンペーンが開催されています。12月は、Amazonギフト券増量キャンペーンと称して各サービスが通常は寄付金額の1%のと…

続きを読むread more

ふるさと納税 高還元率で人気のジャンル別ランキング

ふるさと納税は、参加している地方自治体数、返礼品数、寄付金額の価格帯が多くて、どの商品を選んでよいかわからないですよね。ふるさと納税は2019年から返礼品の相場は寄付金額に対する30%程度の商品と定められています。自治体によっては、大量に仕入れを行い市場で販売されている価格より安く調達できている場合もあるので、お得な返礼品で高還元率…

続きを読むread more

ふるさと納税は節税になる?税制メリットと住民税が安くなる仕組み

ふるさと納税は、居住地以外の自治体に納税する制度ですが、実際には寄附をすることで、税制メリットを受けることができます。さらに、多くの自治体で、返礼品が用意されているためお得感が高い制度です。ふるさと納税で住民税が安くなる仕組みをわかりやすく解説します。 www.soratobuiruka.com

続きを読むread more

ふるさと納税 実質負担が2,000円で済む寄付限度額はいくら?

ふるさと納税制度をわかりやすく言えば、年間負担額2,000円でお米や、高級肉、海鮮、フルーツなどがゲットできてしまうお得な制度です。2,000円を超えた金額は税金から控除されるふるさと納税ですが、たくさん寄附をすればするほどお得になるというわけではありません。寄付の限度額は、納めている税金の金額によって異なるため、家族構成や年収、す…

続きを読むread more

ふるさと納税はいつまで申し込み可能なの?手続きの期限を解説

毎年年末になると急増するふるさと納税の申し込み。今年の分は、今年のうちにと12月に駆け込みで申し込みを行う方が増えるのです。では、ふるさと納税はいつまでに申し込みをしないといけないのでしょうか。スケジュールに遅れると2020年のふるさと納税としては受理してもらえなかったり、ワンストップ特例制度が使えず確定申告が必要になったりしてしま…

続きを読むread more